施設の基本情報のご案内です↓
ラヴィータウーノHOME ラヴィータのシンボルマークについて 
↑日常の取り組みを公開しています ラヴィータウーノのラヴィータ通信 下段(オレンジ)メニューでは日々の様々な取り組みを公開!随時更新しています!!
ラヴィータの歩みTOPへ戻る


 PROFILARE(プロフィラーレ) 〜創刊に向けて〜

ここに紹介しているのは、職員通信「PROFILARE(プロフィラーレ)」創刊時の呼びかけです。

このような職員の自主的な発案にはじまり、創刊に至った「PROFILARE(プロフィラーレ)」。

今では職員間の想いを確認しあうために欠かせない職員通信として、すっかり浸透しています。

                                    (平成16年7月 職員への呼びかけ)
PROFILARE(プロフィラーレ) 〜創刊に向けて〜

 皆さん、こんにちは。早いもので、ラ・ヴィータ・ウーノが開設して3ヶ月が経ちました。日常の業務に関しては、かなり形が出来てきたという思いがある一方で、日々同じことの繰り返しに自分のやっていることへの意味が見出せなくなっていたり、様々な不平・不満がたまっていたり、逆に理想が膨らんでいったりしているけれど、言いたいけどなかなか言えない、言う場がない、ということが出てきているのではないでしょうか?そこで、職員通信の続きのような形で、ラ・ヴィータ・ウーノの全てのスタッフの思いをぶつけられる場を提供できないかと考えました。
 「profilare」という職員通信名ですが、この名前にはある思いが込められています。プロフィラーレは施設名と同じくイタリア語なのですが、「縁取る、輪郭を描く」という意味があります。複雑な関係の中に点在する、1つ1つの思いを持ちよって初めて見えてくる何らかの共通認識の形があるのではないか、そして何度も思いをぶつけることで縁取られてくる、いびつかもしれないけれどはっきりとした形の共通認識の輪郭によって、それぞれの人がラ・ヴィータ・ウーノでの自分の位置を確認することができるのではないか、と考えたわけです。
輪の中に含まれる自分、輪の外にはみ出している自分。全てをさらけ出す人はいないと思いますからどちらもあると思います。そのどちらも大切な自分なんだということを感じられるような、つまりはラ・ヴィータが全てではないけれど、ラ・ヴィータにとって欠かせない存在としての"私"をそれぞれの人が感じられるような共通認識を築きたいと思っていますが、具体的にはどうすれば
いいのでしょう?私達はどこでつながれるのでしょうか?きっとこうではないかと思うのです。狭くなりがちな入居者の関係を豊かにするために媒介となって動くのはもちろん我々スタッフなのですが、思いを確認し、我々をつないでくれるのは、逆に具体的な一人一人の入居者なのではないか? というふうに。
 そこで、profilare第1号はあなたと入居者の1対1の関係である「私にとっての 〇〇さん」というのをメインテーマに置いてみたいと思います。字数の制限はありません。好きなように思いをぶちまけてみてください。具体的な顔とその情景が立ちのぼってくるような文章をお待ちしています。
職員通信編集長 中川 春彦 

⇒ラヴィータの歩みTOPへ戻る
▲上へ戻る


ラヴィータの心住環境施設案内|歩み|入居案内問合せフロア通信事務局通信ナース便りキッチン便りスタッフのお仕事応援団
HOMEシンボルマークについて

lavitauno@fancy.ocn.ne.jp

Copyright © 2004 社会福祉法人ラヴィータ All Rights Reserved. このサイトに記載されている文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。