施設の基本情報のご案内です↓
ラヴィータウーノHOME ラヴィータのシンボルマークについて 
↑日常の取り組みを公開しています ラヴィータウーノのラヴィータ通信 下段(オレンジ)メニューでは日々の様々な取り組みを公開!随時更新しています!!


 ←ヘルシーキッチン便り最新号へ戻る                               前回の記事へ→



外で過ごすのが、気持ち良い季節となり、アウトドアや旅行など、
外出の予定がある方も多いと思いますが、皆さん、紫外線対策は万全ですか?
特に、ゴールデンウィークが始まる4月の終わりから9月までは紫外線量がピークに達し、日焼けしやすく、放っておくとシミの原因にも・・・。

食べる物を意識することで、美白効果をグンと高めることができます。
肝心なのは、毎日の食事です。





 トマト
トマトには、β-カロテンなどのビタミン群やリコピンが含まれています。リコピンには強力な抗酸化作用がある為、肌の老化を防ぎ、美白をキープするのに効果的です。生のままだと、ビタミンは摂れても肝心のリコピンは摂れません。食物繊維に囲われている為、加熱したりミキサーにかけて細かく砕いたりすることで吸収しやすくする工夫が必要です。また、油と一緒に摂ることで効率良く摂取出来ます。
おススメの食べ方
トマトケチャップ・トマトホール缶・トマトジュースなどの加工品

老化を防ぐ期待をもつ「リコピン」
カロチノイドのひとつであり、
老化を防ぐ抗酸化作用を持ちます。
その作用は、
「ビタミンEの100倍以上」とも言われており、
非常に強力です。


 豆乳
豆乳は、体を構成するうえで必要な栄養素であるたんぱく質を含むほか、細胞の働きを正常に保ち、肌の新陳代謝を活発にしてくれるレシピン、ビタミンB群、イソフラボンを含んでいます。イソフラボンやビタミンCには肌のうるおいやハリなどを保つ働きがあります。
 
肌の代謝を高める「L-システイン」
大豆や豚肉などに含まれており、
メラニン色素の過剰生成を防ぎます。
肌のハリやツヤをキープするのにも
大きく役立ちます。


 ブロッコリー
ブロッコリーは、沢山の栄養素を含み優秀な野菜ですが、特にビタミンCを多く含み、レモンの2倍!30g(約2房)食べれば、一日に必要なビタミンCを補うことができます。ただ、茹でると折角の栄養が溶け出してしまいます。

おススメの食べ方
蒸しサラダ

野菜に含まれる「ビタミンC」
メラニン色素の生成を抑制するだけでなく、すでにできてしまったメラニンを還元して肌のターンオーバーを助ける効果があります。さらに、しわやニキビ痕の改善も期待できます。


 モロヘイヤ
モロヘイヤはアラビヤ語で「王様の野菜」と言われ、美白に必要な栄養素が豊富に含まれており、特に若返りのビタミンと言われる「ビタミンE」を豊富に含んでいることが特徴です。

おススメの食べ方
ツナと和えたサラダ、スープの具

アンチエイジングに必要な「ビタミンE」
「若返りのビタミン」と呼ばれ、肌の老化を防ぐ抗酸化作用が強く、乾燥やシワなどの予防にもつながります。ビタミンCと一緒にとることで、さらに効果が高まるという特徴もあります。



 アサリ
アサリは豊富なミネラルやビタミンを今有しています。特にあさりの水煮缶になると鉄分は生の10倍に。 「鉄分といえばレバー」のイメージがありますが、豚レバー100gあたり13g、鶏レバー100gあたり9g、あさりの水煮100gあたり鉄分37.8gと圧倒的な鉄分含有量です。

おススメの食べ方
水煮缶の汁ごとつかったクラムチャウダー

皮膚への栄養素「鉄」
皮膚・軟膜の合成に欠かせない栄養素です。血液の中の酸素をすみずみにまで運ぶという重要な役割を担っています。鉄分が不足すれば、ターンオーバーの速度も遅くなってしまいます。シミやソバカス防止の為に必要不可欠です



 美白に効果的とされる食べ物があれば、決まって悪い食べ物も存在します。肌の老化原因に成りうる食べ物は以下のようなものです。


 NG1.ソラレン
ソラレンとは、紫外線の感受性を高める(光によって活性化する)性質をもった光毒性物質です。紫外線に反応し、肌を黒くします。シミ・ソバカスの原因になるものです。柑橘類の、特に皮の部分に多く含まれており、食後2時間ほどでその作用はピークなるとされています。お肌に乗せるのもNGです。

【多く含まれている食べ物】
レモン・オレンジ・グレープフルーツ・イチジク・ライム・胡瓜・パセリ・セロリ・春菊・しそ等

※これらの食品を摂るなら、日が落ちてからがおすすめです。ビタミンCを摂 りたいときは、外出をさけましょう。

 NG2.カロテン
みかんを食べすぎると肌が黄色くなる。これは本当です。肌が黄色く色素沈 着することを「柑皮症」と言います。 カロテンは脂溶性の為、肉や魚などの蛋白質や脂質を摂らずにいると、溶けずに 体に残ってしまいます。野菜中心の食事ばかり摂っていると、肌が黄色くなっ てしまう事があります。しかし、カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚乾 燥症や動脈硬化を防いでくれる大切な栄養成分です。カロテンの摂取量を抑え れば、肌は自然に元の色に戻ってきます。

【多く含まれている食べ物】
ミカン、マンゴー、かぼちゃ、人参、トマト、スイカ
トウモロコシ、しそ、ブロッコリー、オクラ、ほうれん草、パセリ、野菜ジュース、ウニ、海苔等

 NG3.砂糖
甘くておいしい砂糖ですが、実は太るだけでなく、しわやシミの原因にもなります。同じ甘味でも、黒糖はミネラルが豊富で美白に効果的と言われています。

 NG4.アルコール
飲みすぎると、ビタミンやミネラルを無駄に消費してしまいます。さらに、アルコールを分解するために沢山の水分が失われてしまうので、お肌も水分不足に なってしまいます。
野外での飲酒も注意で、日焼けの炎症を促すことに繋がります。




美白したいからと言って、今回挙げた食材ばかりを食べていては
栄養バランス が崩れてしまいます。

透明感のある白く明るい肌を手に入れるためには、
バランスの良い食事を心がけて下さい。



 

簡単にできるおすすめの美白レシピを紹介しましょう。
・トマトと豆乳のスムージー

■材料(1人分)
トマト・・・・・・・・・・1個(約100g)
豆乳・・・・・・・・・・・100ml
ポッカレモン・・・・・・・小さじ1/2
蜂蜜・・・・・・・・・・・小さじ1

■作り方
1.トマトはヘタをのぞき一口大にカットする。
2.ミキサーに豆乳、カットしたトマトを入れ、レモン汁、蜂蜜を入れ攪拌する。


・アサリとモロヘイヤのスープ

■材料(2〜3人分)
アサリ・・・・・・・6ケ
モロヘイヤ・・・1パック
水・・・・・・・・・・800ml
生姜・・・・・・・・1かけ
ごま油・・・・・・・小さじ2
和風顆粒出汁・・・小さじ2
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・・・・・小さじ2〜3
塩・・・・・・・・・・・・・適量

■作り方
1.鍋に油をひき、みじん切りした生姜とアサリを炒める。
2.生姜に風味がついたら、1に水を加えて沸騰させる。
3.沸騰したら、弱火にして顆粒出汁・酒・醤油で味を調え、
  塩は味を見つつ追加する。


・ブロッコリーとエリンギの蒸しサラダ

■材料(2人分)
ブロッコリー・・・・・・・100g
エリンギ・・・・・・・・・50g
塩・・・・・・・・・・・・小さじ1/4
水・・・・・・・・・・・・大さじ3

■作り方
1.ブロッコリーは小房に分け、エリンギは短冊切りにする。
2.フライパンに重ならないように並べて、水と塩をふりかける。
3.蓋をして、やや強火にかけて2分蒸す。火を止めて2分蒸らす。






2017.5
▲上へ戻る


ラヴィータの心住環境施設案内歩み入居案内問合せフロア通信事務局通信ナース便り|キッチン便り|スタッフのお仕事応援団
HOMEシンボルマークについて

lavitauno@fancy.ocn.ne.jp

Copyright © 2004 社会福祉法人ラヴィータ All Rights Reserved. このサイトに記載されている文章・イラスト・写真等の無断転載を禁じます。